女子ウケ パーカー 女子モテ

装飾の有無(ポケットや紐)にも注意しないと、一気にNGコーデになる可能性も出てきます!

女子ウケする冬のメンズパーカー

 

冬のメンズコーデで、インナーとアウターのコートの間に挟む二大アイテムが、ニットとパーカーです。

 

パーカーはニットよりもカジュアル感が強いアイテムです。

 

フードがコートからはみ出す面積も大きいので、コーデにもたらす影響が大きいので、慎重に選択したいですね。

 

パーカーのもたらす効果とは、

 

  • 防寒性
  • 首元にボリュームがくることでの小顔効果
  • カジュアル感をプラス
  • 色味を足す

 

することが考えられます。コートとパーカーの組み合わせを考えた時にNGなのが、「ボタンタイプのコート×ボタンタイプのパーカー」です。

 

ボタン合わせがモコモコし過ぎて、ばっちりキマりません。

 

どのようなパーカーを選択すれば、野暮ったくならないのでしょうか。

 

今回は、おススメするアイテムを、「パーカーの種類×コート」の組み合わせで4つほどご紹介します。

 

 

女子ウケ抜群!細身のコーデを完成させるなら「グレーのジップパーカー×ブラックのスタンドコート」!

女子ウケする冬のメンズパーカー

→このパーカーの詳細はコチラ

 

コートがスタンドカラーの場合は、コートの縦長フォルムを崩さないフルジップタイプのパーカーを前オープンで合わせるのがおススメです。

 

コートが細身の時には、コートのボタン合わせの部分に沿うように、パーカーを合わせるといいですね。

 

この時、コートがボタンタイプなのにパーカーのボタンタイプだとフロント部分が、もさもさした印象になってしまいます。

 

コートがボタンタイプで細身の場合は、ジップタイプだけが相性がいいですね。

 

プルオーバータイプのパーカーだと、生地感がある分、コートがダボついてしまいます。

 

せっかくの細身のコートが台無しになってしまいます。

 

「OFFの日のコーデをキレイ目にして、女子ウケをゲットしたい。持っているコートが細身の物ばかりなんだけど、おススメのパーカは?」

 

こんな時には、ジップのパーカーが相性抜群です。

 

コートがシックな黒なので、相性のいい色は、グレー、ネイビー、ワインです。

 

白のパーカーだと、スポーティーで活発な印象が強くなります。

 

シックなコーデにまとめたいなら、白は外した方が良いですね。

 

グレーは、コートの色が黒、白、ネイビー、カーキ、オリーブ、ブラウン、キャメル、ワインなど幅広いバリエーションの色との相性がいいので、「パーカーコーデは、初めてなんだけど、とりあえず一枚あると便利なパーカーって何?」と聞かれてら、私は真っ先に「グレーのタイトなパーカー」と答えます。

 

 

 

「黒のジップパーカー×ネイビーのイタリアンコート」

女子ウケする冬のメンズパーカー

→このパーカーの詳細はコチラ

 

イタリアンカラーコートは、ダンディーなイメージですが、襟がスッキリしている分、かっちり感が強くないアイテムです。

 

これをOFFの日に、ダンディーなイメージに着こなすなら、ダークカラーのパーカーがベストでしょう。

 

コート自体が遊び心があるので、パーカーの下のインナーをライト色にして、コートもパーカーも前オープンに着ましょう。

 

ダブルジップタイプのパーカーなら、上と下のジップを少しづつ開けて、インナーを見せることができます。

 

こうすることで、イタリアンコートの遊び心を崩さずにインナーでデザイン感を出すことができます。

 

チョイ悪なイメージにしたいなら、ダークカラーのパーカーがおススメです。

 

ダンディーな印象にしたいなら、甘い印象のケーブル編みのパーカーは避けましょう。

 

縦ラインの強いパーカーにすれば、コートのキレイ目を崩せず、パーカーを挟むことができます。

 

Wジップタイプのパーカーは、一枚でデザイン性が豊かです。

 

ジップの開き具合でインナーの見える割合を、調節できるのが嬉しいですね。

 

インナーを着崩して、チョイワル感を強調するなら、アメカジっぽいロゴTをインナーのチョイスしてもいいですね。

 

 

優しい印象にダウンジャケットを着こなすなら「ネイビーのボタンタイプのパーカー×キャメルのダウンジャケット」!

女子ウケする冬のメンズパーカー

→このパーカーの詳細はコチラ

 

ジップタイプのダウンジャケットの場合、スッキリした印象になりますが、何か物足りないと思ったら、ボタンタイプのパーカーがおススメです。

 

ボタンが、コーデに優しい風合いとデザイン性を与えてくれます。

 

もちろん、ダウンジャケットがフードなしの場合に限られますが、パーカーがシンプルなダウンジャケットに色味を与えてくれる役割をします。

 

ダウンジャケットが横に広がる印象が強いので、パーカーで縦の効果を出すと、身長カバーや着やせ効果にもつながるので積極的にコーデに取り入れたいですね。

 

アウターを合わせた時に、「なんか寂しい印象だな」 「横に広がって見えちゃうなぁ」、という時におススメなのが、パーカーを挟むというテクニックです。

 

アウターがボタンタイプの時は、ジップタイプのパーカーかポケットのないプルオーバータイプのパーカーを選択しましょう。

 

キャメルのアウターの場合、相性のいい色は、グレー、黒、白、ネイビーです。

 

ネイビーはその中で、あまり単色イメージのネイビーだと合わないのですが、杢デザインで立体感のあるネイビーなら、キャメルとの相性もバッチリです。

 

ボタンタイプのパーカーの便利な点は、裾方向のインナーもチラ見させたい時に、裾方向のボタンを開けるだけでインナーを見せることができるという点です。

 

ジップタイプで、裾方向に開けたい時には、Wジップタイプではないと、これができません。

 

ボタンタイプはこのようなことができるので、このワザをコーデに頻繁に取り入れる人には、便利なアイテムです。

 

 

ミリタリーコートにシックな大人な印象を与えるなら「白のプルオーバーのパーカー×カーキのミリタリーコート」

女子ウケする冬のメンズパーカー

→このパーカーの詳細はコチラ

 

ミリタリーコートは、全体的に単色のものが多くデザインが豊かではありません。

 

こんな時は、存在感の大きいプルオーバタイプのパーカーがおススメです。

 

ミリタリーコートは、ファーフードがないタイプだと、冬のコーデとして、寒々しく見えてしまいがちですが、ニットのパーカーを選択することで、温もりの感じられるファッションになります。

 

首元が開くタイプのパーカーなら、柄物のシャツの襟をチラ見させることができるので、ミリタリーコートにオシャレファクターをプラスすることができます。

 

ミリタリーは男性っぽいファッションで、女子ウケが良いのですが、インナーの合わせ次第では、さみしい印象になります。

 

ボリューミーなニットのパーカーなら女子ウケ間違いなしのファッションに早変わりです。

 

「コートが、かなりマットな雰囲気で寂しい。かなりガツンと色味を与えてくれるアイテムないかなぁ」という時におススメです。

 

プルオーバーのパーカーは、生地感がボリューミなので、アウターがワイド目のシルエットのもの(ダウンジャケットやミリタリーコート、チェスターコート)の時に限られます。

 

細身のコート(P-コートやトレンチコート)の時に合わせると、野暮ったい印象になり、コーデのシルエットが、ダボダボになりNGコーデになりがちです。

 

スッキリしたラインは、女子ウケの鉄則なので、お持ちのコートとパーカーを合わせて鏡できれいなラインになっていることを確認しましょう。

 

白は、スポーティーで活発な印象なので、若い人が元気な印象にしたいなら、スウェット素材の白のパーカーがおススメです。

 

白パーカーは、元気な印象ですが、同時に稚拙なイメージにもありやすいので、落ち着いた黒のチノパンと合わせることで、コーデを落ち着かせましょう。

 

もっと年齢高めのシックな印象でパーカーコーデを完成させたいなら、パーカーをニット生地にすると、ぐっと大人びた印象になります。

 

特に白は、若い印象づける色なので、ニット素材をうまく使いこなすことで、コーデをぐっと落ち着かせます。

 

メンズのファーフードが苦手という女性も多いので、ミリタリーコートのフードが取り外せる場合は、コートのフードを取り外して、インナーに異素材のパーカーを挟むのも、女子ウケがあがる
テクの一つです。

 

 

ここまで私のおススメするパーカーをご紹介してきましたが、「何のボトムス」と合わせればいいのか分からない」、「何のインナーと合わせればいいのか分からない」といった人のために全身コーデをご紹介しましょう。

 

今回は@でご紹介した「グレーのジップパーカー×ブラックのスタンドコート」でのコーデです。

 

@の「グレーのジップパーカー×ブラックのスタンドコート」を使った全身コーデ例

女子ウケする冬のメンズパーカー

→このコーデの詳細はコチラ

 

黒のスタンドカラーのコートは、女子も大好きなキレイ目なファッションです。

 

これにプルオーバーのパーカーだと、パーカーのカジュアル感が強すぎて、コートのラインが台無しです。

 

スタンドコートは、縦ラインを主張したコートなので、キレイな縦ラインがきれいなフルジップタイプのパーカーがおススメです。

 

コートの縦のラインに沿うように前オープンしたパーカーを合わせれば、コートのラインを崩すことなく、パーカーを挟むことができます。

 

メルトンコートがスッキリした印象なので、パーカーがジャガードのデザイン性があるものを挟むと、コーデに華やかさをプラスすることができます。

 

パーカーコーデは、首回りがフードでボリューミーになるので、インナーをスッキリしたVネックにしてデコルテラインを出すことで、野暮ったさがなくなります。

 

パーカーコーデの時は、コートを前オープンできることが多いので、インナーががっつり見えます。

 

気合いを入れてインナーを選択しましょう。

 

トップスが、ボリューミなので、ボトムスをスッキリラインのものにすればキレイなYラインになり、オシャレ度がぐっと高くなります。

 

 

 

コートの種類によって、パーカーを合わせることで、コーデ自体のラインを調節することができます。

 

パーカーの種類だけではなく、装飾の有無(ポケットや紐)にも注意しないと、一気にNGコーデになる可能性も出てきます。

 

「パーカーコーデ」で女子ウケの高いキレイ目ラインにすることは、難しいですが、これらのことに注意すれば可能になります。

 

お持ちのコートがどの種類なのか考えて、パーカーの種類を選んで、女子ウケ抜群の冬のパーカーコーデを完成させましょう。

 

 

メンズファッション

 

マネキン買いメンズファッション通販サイトランキング