女子ウケ ミリタリージャケット

女子ウケするミリタリージャケット

 

ミリタリージャケットは、その男っぽい雰囲気から男性からの人気が高いアイテムです。

 

しかし、シンプルなデザインのものが多く女子ウケが決して高くないのが、ミリタリージャケットです。

 

「冬のデート服で着てこられるのはちょっと・・・」と嫌煙されがちです。

 

女子ウケのいいミリタリジャケットはないのでしょうか。

 

また着こなす時にどのようなことに気をつけなくてはならないのでしょうか。

 

冬の定番モッズコート

女子ウケするミリタリージャケット

→このミリタリージャケットの詳細はコチラ

 

冬のミリタリージャケットの定番と言えば、モッズコートです。

 

気軽に着られボトムスもいろいろなアイテムと合わせやすいので、一枚は持っておきたいところです。

 

モッズコートは、お尻まですっぽり隠れるものも多いので体型カバーにも重宝します。

 

肩幅などの気にせずに着られるので、どのような体型の人にも合わせられやすいコートです。

 

定番の色はカーキやオリーブですが、全体をシックにキメたいのなら黒もおススメです。

 

モッズコートはファー付きのものが多くモコモコしたシルエットなので、インナーはスッキリラインの物が良いですね。

 

冬に着るならVネックのニットソーでデコルテラインをきっちり出すことで、クールな印象になります。

 

もっと知的な印象を出すなら、白のタートルネックもおススメです。

 

モッズコート自体は単色のものが多いので、タートルネックとコートの間にネルシャツを入れるとさし色効果でコーデにメリハリがでます。

 

黒のモッズコートの場合は、青や赤、緑の柄が相性がいいです。

 

カーキのコートの場合は赤か黄色の柄がおススメです。

 

冬に合わせるなら、襟シャツもネルシャツをチョイスすると、女子からも季節感を意識できる男性なんだと感心されるでしょう。

 

モッズコートはコートがシンプルなので、インナーが無地の場合は、バランス良くコーデできます。

 

カモフラ柄でミリタリー色を強調してもいいですしチェック柄で知的に決めてもカッコいいですね。

 

「軽い素材で気軽にコートを着たい!」
「かっちりし過ぎないけど、そこそこオシャレなコートがほしい!」

 

そんな人におススメのコートです。

 

 

フードが苦手な人におススメなM-65

女子ウケするミリタリージャケット

→このミリタリージャケットの詳細はコチラ

 

「フードが苦手!」「でも、MA-1だと寒すぎる!」という人におススメなのが、M-65です。

 

M-65はフードを襟部分に収納できるようになったジャケットです。

 

襟がフードを締まっているので硬い形が出来上がりこのためにキレイなスタンドカラーを作ることができます。

 

ファー付きのフードは嫌煙する女性も多くいるのでM-65は一般ウケするアイテムとしておススメです。

 

スタンドカラーがクールでカッコいいのでマフラーなどはせずに、スマートに着るのがコツです。

 

単色のものが大半ですが、最近では生地もいろいろなものがあり、ウール素材でできたツイーどなどもあります。

 

ミリタリーは単色な物が多く、デートできる場合は、ボトムスを柄物にしたり工夫が必要ですが、柄物のアウターなら黒のチノパンやデニムでも合わせやすいので
男性も組み合わせに苦労しません。

 

ウールだと温かみもあるので季節感ばっちりです。

 

 

ショート丈でミリタリー感を出したい人におススメなのがN-2B

女子ウケするミリタリージャケット

 

「ショート丈が好き」「でも、MA-1では寒すぎる!」という人におススメの冬の防寒着がN-2Bです。

 

N-2Bは、端的に言うとMA-1にファーフードをつけて生地自体にも温かみを増したものです。

 

横方向の印象が強いM-65にフードがつき、縦方向にもバランスが取れているので、低身長の人にもおススメです。

 

丈が短いので、ドライブデートやボーリングデートにも大活躍です。

 

丈が短い分、ボトムスの印象が全体のコーデに影響しやすいので、柄パンやカーゴパンツなどデザイン性と合わせると、女性に「デートで気を抜いてないなぁ」と感心されるのではないでしょうか。

 

黒などのミリタリー色が強くないN-2Bでしたらカモフラ柄でミリタリー感を強調してもアリですが、デート服には不向きなので注意しましょう。

 

N-2Bは首元まで防寒できる作りの物が多いので防寒性はバッチリです。

 

 

キレイ目ラインで着られるミリタリージャケット

女子ウケするミリタリージャケット

→このミリタリージャケットの詳細はコチラ

 

「気軽に着られるコートが欲しい!」「ミリタリーでもキレイ目に着たい!」そんな人には、ミリタリージャケットの胴周りに絞りのあるタイプの物をおススメします。

 

絞りと聞くとトレンチコートの用にベルトを巻きタイプを想像される方も多いかと思いますが、コートの内側に絞りがあるタイプのミリタリージャケットもあります。

 

ミリタリージャケットはストレートタイプが多いので、ストンとしたシルエットになりがちです。

 

シルエットやラインよりも防寒性を重視したものが多いのが特徴です。

 

それ故、タイトに洋服を着こなしたい人は、ミリタリジャケットを嫌煙しがちですが、中にしぼりのあるものをチョイスすればキレイ目にミリタリージャケットを着こなすことができるのです。

 

OFFの日のコーデでトレンチコートのようなベルトはちょっと・・・・という人におススメです。

 

中に絞りがあるので、ぱっと見分かりませんので、さりげなくキレイ目ラインを作れるのでデート服で着て行っても、女子から嫌がられずに済みます。

 

 

 

 

ここまで私のおススメするミリタリージャケットをご紹介してきましたが、

 

「何のボトムス」と合わせればいいのか分からない」「何のインナーと合わせればいいのか分からない」

 

といった人のために全身コーデをご紹介しましょう。

 

 

@の黒のモッズコートを使った全身コーデ例

女子ウケするミリタリージャケット

→このコーデの詳細はコチラ

 

今回は@でご紹介した黒のモッズコートでのコーデです。

 

黒のモッズコートでロング丈なので、黒の主張がつよくなります。

 

シックな雰囲気にもなりますが、面積分が多い分、全体が嫌いイメージになりがちです。

 

コート以外のアイテムを、明るい色のアイテムにするとコーデにメリハリが出て、オシャレ度がぐっと上がります。

 

例えばインナーは、白やライトグレーと合わせるのがベストです。

 

また、モッズコートにファーが付いているので、首元はスッキリデコルテラインの出るVネックにすることで、顔の周りがスッキリします。

 

インナーとアウターが無地の物ですっきりしているので、ボトムスが柄アイテムを持ってきて、コーデに華やかさを出すと、全体のバランスが良くなります。

 

ミリタリーっぽさを強固するために、靴は光沢のあるレザーをチョイスしましょう。

 

 

 

フードのあるなしや丈感を変えるだけで、女子も納得のミリタリジャケットを冬のデート服として着こなすことができますね。

 

もちろん、アーミー色が強いと女子はドン引きしてしまうので、インナーやボトムスなど合わせるものにも注意しましょう。

 

 

マネキン買いメンズファッション通販サイトランキング