女子ウケ パンツ 冬

コツさえつかめば女子ウケのいい冬コーデが完成しますよ

女子ウケ間違いなしの冬のメンズパンツ

 

冬のコーデは、コートとボトムで印象が決まると言っても過言ではありません。

 

でもコートはシンプルなデザインが多く、どのようなパンツが女子ウケするのか迷いどころです。

 

コートとの相性を考えて、冬におススメするパンツをご紹介します。

 

パンツには、全体的に太いシルエットの「ワイドパンツ」や、裾に向かって広がる「ブーツカット」、全てにおいて細身の「スキニー」、ある箇所から裾に向かって細くなる「テパード」タイプがあります。

 

太ももから細くなるのか、膝から細くなるのかはパンツによって異なります。

 

 

 

デザインを与えるなら、カーゴパンツ!

女子ウケ間違いなしの冬のメンズパンツ

→このパンツの詳細はコチラ

 

サイドにポケットの付いたカーゴパンツは、冬のシンプルなトップスにデザインを与えるという面では、一番効果をもたらすパンツです。

 

コートがショート丈の時に、ボトムスに存在感を出したいと思ったらカーゴパンツをチョイスするといいでしょう。

 

「キレイ目ファッションにしたいけど、サイドポケットがあると野暮ったくならない?」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな時にはテパードタイプのカーゴパンツを選択するといいですよ。

 

全体的なシルエットは細くなるので、キレイ目ラインはキープしつつデザイン性もゲットできます。

 

アウターがダウンジャケットでカジュアル感が気になった時に、カーゴパンツでデザインをプラスすれば、周りの女子からも「オシャレに抜かりがないなぁ〜」と熱視線を浴びちゃうかもしれません。

 

色は、黒やカーキ、オリーブと渋めの色が多いのでトップスが光沢の多いレザーのダウンジャケットの時や、装飾の付いたコートの時に、コーデに落ち着きを持たせたい時におススメのパンツです。

 

 

機能性や色味を与えるならチノパン!

女子ウケ間違いなしの冬のメンズパンツ

→このパンツの詳細はコチラ

 

綿素材のパンツなので穿いた時の肌触りも柔らかく、伸縮性もあるので穿きやすいさとオシャレの両方をゲットできるパンツです。

 

伸縮性があるので、「細身のパンツにチャレンジしたいけど、屈伸した時に窮屈なのはいやだなぁ」という人は、膝から下にテパード加工のあるチノパンがおススメです。

 

太もも部分はゆとりがあるので、細身のパンツでありがちな「スパッツのよう」になる心配はありません。

 

フードのあるコートやダウンジャケットのようなボリューミーなトップスをチョイスした時に、細身のパンツをうまく穿きこなせれば、きれいなYラインシルエットが出来上がり、ダボダボせずにキレイ目な印象にコーデを仕上げることができます。

 

カラバリも豊かでダーク色からライト色、ビビッドカラーに至るまで揃っているので、鏡を見て色味を足したいと思ったらチノパンを選択肢に入れると楽ですよ。

 

「コートがシンプルな時に、チノパンだとつんつるてんな印象になっちゃうかなぁ…」そんな時は、チノパンにジップなどの装飾があるものを選択すると、コーデにさりげなくデザインが加える
ことができます。

 

 

 

季節感を与えるならコーデュロイのパンツ!

女子ウケ間違いなしの冬のメンズパンツ

→このパンツの詳細はコチラ

 

「とにかく季節感たっぷりのパンツって何?」と聞かれれば、真っ先に私が返答するのがコーデュロイのパンツです。

 

冬に限らず、秋から穿けるパンツですが、深みのある風合いはコーデに温もりを感じさせてくれます。

 

コートがメルトン素材でさっぱりした風合いの時にボトムスでコーデに深みを与えるならコーデュロイのパンツがおススメです。

 

生地も厚く、ヴィンテージ感たっぷりなので、ライダース風コートのような活発なショート丈と合わせてもかっちり決まります。

 

「コーデにちょっと変わった生地感のものを取り入れたい」、「トップスがシンプルだから、存在感のあるボトムスと合わせたい」という時におススメなのがコーデュロイのパンツです。

 

色の黒やブラウン、キャメルなど落ち着いた雰囲気の物が多いので、ショールカラーのカーディガンと合わせると、気品があふれすぎて年齢が高めに見られてしまうので、ケーブルニットなどの若々しいアイテムと合わせるのがベストです。

 

 

 

活動的な印象を与えるならデニム!

女子ウケ間違いなしの冬のメンズパンツ

→このパンツの詳細はコチラ

 

冬のパンツ…というより一年中穿けるのがデニムです。

 

明るい印象でトップスを選ばないので、万能アイテムといえます。

 

ダウンジャケットと合わせればアクティブな印象になりますし、大人クールなメルトンのコートと合わせれば、抜け感をコーデに与えることができます。

 

ウールのチェスターコートをOFFの日のコーデに取り入れたいけど、ボトムスが分からないから断念している人もデニムがおススメです。

 

「かっちりしたチェスターコートにカジュアルなデニムは合わないんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

チェスターコートの硬い部分をデニムのアウトロー感で調和すれば、誰でも気軽に挑戦できるチェスターコートコーデになります。

 

女子ウケのいい「キレイ目コーデ」を目指すなら、ストレートやテパードタイプのデニムがおススメです。

 

「もっとデニムにチョイワル感を出したい」そんな人は、ダメージジーンズがいいですね。

 

派手にダメージ加工しているものに抵抗があるなら、小さめのクラッシュ加工してあるものが良いですね。

 

またトップスがシンプルでデニム自体に立体性を持たせたい時には色落ち加工してあるものがおススメです。

 

単色のデニムに色押し加工がしてあると、縦長効果が生まれるので、身長カバーや体型カバーにもなります。

 

さりげない立体感なので、気軽にコーデに動きをプラスできます。

 

「コーデにカジュル感やアクティブ感を与えたい」そんな人におススメなのがデニムです。

 

 

ここまで私のおススメするパンツをご紹介してきましたが、

 

「何のインナー」と合わせればいいのか分からない」「何のアウターと合わせればいいのか分からない」

 

といった人のために全身コーデをご紹介しましょう。

 

今回は@でご紹介したカーゴパンツでのコーデです。

 

@のカーゴパンツを使った全身コーデ例

 

女子ウケ間違いなしの冬のメンズパンツ

→このコーデの詳細はコチラ

 

落ち着いた雰囲気のPコートは、女子ウケのいいキレイ目シルエットです。

 

これにデザイン性の高いカーゴパンツを合わせるとコーデが華やかになり活発な印象を与えます。

 

またショールカラーのカーディガンもシックな印象のイメージです。

 

襟がしっかりしているのでコートを脱ぐ屋内デートでもオシャレ度を発揮できますが、老けた印象になるやすいです。

 

そんな時に、若々しい印象のカーゴパンツと合わせるとコーデ全体の年齢もぐっと下がります。

 

落ち着いた色味が多いので、インナーはメリハリの効いた白がいいですね。

 

靴も落ち着き過ぎないように、ライト色のベージュが相性抜群です。

 

 

 

ボトムスは全体のシルエットを左右する重要なファクターです。

 

裾までのラインや装飾の有無によってコーデの路線を大きく変えるアイテムなのです。

 

特に冬はコートがボリューミーなアイテムだったり、シンプルな物だったりするので、ボトムスで全体のバランスの調整を行いましょう。

 

足したり引いたりが面倒ですが、ボトムスの数が多くないので、コツさえつかめば女子ウケのいい冬コーデが完成しますよ。

 

マネキン買いメンズファッション通販サイトランキング